ISO27001改訂 ツアーオペレーター品質保証制度

アズポート株式会社 兵庫・大阪・京都等、関西一円や東海地区の中小企業様のプライバシーマーク取得、ISO認証ご支援実績多数

アズポートロゴ

プライバシーマーク ISO 規格 改訂 移行 セミナー ツアーオペレーター品質保証制度

トピックス

ID・パスワード等の設定のルール変更

■パスワードの有効期限設定を削除
・パスワードの有効期限を設定している
・同一又は類似パスワードの再利用を制限している。

以上の2項目がなくなり、新たに以下の3項目が追加されました。

・パスワード設定変更をする場合には、類似パスワードの再利用を制限している。
・複数のサービスで同一のパスワードを使いまわさないことを求めている。
・漏洩した、又は漏洩する恐れのあるパスワードは速やかに変更することを求めている。

2018/4/10変更の新旧比較表はこちら>>

JIS Q15001規格改正

■新規格移行対応
JIS Q 15001:2006→JIS Q 15001:2017 に改正
旧規格での審査受付:2020/7/31消印分まで
新規格での審査受付:2018/8/1〜
※2018/8/1〜2020/7/31の期間は、新旧どちらでも可

shinsei

■新審査基準
新審査基準が公表されました>>

■費用
当社コンサルにて取得されたお客様:36万円〜
・通常の更新コンサルの中で対応
・規程やマニュアルの改訂も含みます
上記以外のお客様:40万円〜
上記価格は税別です

■対応期間
2018年7月末日までは旧規格のコンサルも受付可

■新規格移行期限
2020年7月末日

移行に関してご不明な点はお気軽にお問い合わせ下さい>>>

ISO14001・ISO9001規格改正

■新規格移行対応
ISO9001:2008→ISO9001:2015  変更箇所はこちら>>
ISO14001:2004→ISO14001:2015 変更箇所はこちら>>

改正規格発行後、3年以内に新規格での審査を受ける必要があります。
次の審査で移行審査を受ける準備が整っていなければ、移行審査を改めて受け直す必要がありますので、維持審査もしくは更新審査のタイミングで受けられるようご準備下さい。


■新規格移行期限
2018年9月末日

移行に関してご不明な点はお気軽にお問い合わせ下さい>>>

区切り線

ツアーオペレーター品質認証制度 2017/12月現在51社認証

昨今、旅行ツアーオペレーター業者間での価格競争の結果、価格重視の低品質ツアーが多くなり、消費者の安心安全、コンプライアンスを軽視する業者が見受けられるようになりました。
そのため、 日本旅行業協会では、品質向上や旅行商品の質の向上を目的とした「ツアーオペレーター品質認証制度」にて、サービスの水準を満たした業者を認定しています。
品質認証の申請資格の必須条件として、プライバシーマークを取得済、また、 1年以内に取得予定であることが挙げられています。

「ツアーオペレーター品質認証制度」の認証申請資格条件>>>
(以下、抜粋)
■対象  ツアーオペレーター業者
■評価基準
事業者を企業の法令遵守、品質管理・サービス水準、及びCSRの面から評価し、認証する。

■認証方法・条件
上記評価基準が一定基準以上の業者に対し、認証期間である「品質認証審査委員会」が認証する。

■必須条件
1)旅行業登録をしていること
2)訪日観光客向けの旅行手配を行い旅程管理を行うツアーオペレーターであること
3)
プライバシーマークを取得していること、または1年以内に取得予定であること

弊社のプライバシーマーク認証取得支援コンサルティングでは、最短で申請まで2ヶ月、4ヶ月〜10ヶ月で取得が可能です。
ツアーオペレーター品質保証制度の場合、未取得企業の条件は1年以内に取得することですので、期限内の取得が可能です。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・ご相談は問い合わせフォームより>>>

区切り線

 

 

プライバシーマーク取得、ISO認証、各種お問い合わせ・ご相談

プライバシーマーク ISO 取得 コンサルティングのアズポート株式会社

<コンサルティング対象地域>
兵庫県/神戸市・阪神間 JR神戸線沿線姫路以東
大阪府/大阪市・府内全域  京都府南部(京都市及び以南) 滋賀 和歌山 奈良
<四国>徳島 愛媛 香川  <東海>愛知

上記以外の地域はご相談下さい(特定電子メール・営業メールの送信はお断りします)