プライバシーマーク 審査 改訂 個人情報保護法 改正

アズポート株式会社 兵庫・大阪・京都等、関西一円や東海地区の中小企業様のプライバシーマーク取得、ISO認証ご支援実績多数

アズポートロゴ

プライバシーマーク ISO 規格 改訂 移行

トピックス

JIS Q15001 2017審査基準改訂

審査基準改訂対応につきましては、弊社書式をご利用のお客様を対象とさせていただきます。
上記以外のお客様はご相談下さい。


■新審査基準改訂対応

2022年4月1日には、個人情報保護法の改正法の施行と、プライバシーマーク審査基準の改訂が行われます。
プライバシーマークの審査基準の改訂版には、改正個人情報保護法への対応と、JIS規格本文要求事項の対応が導入されます。
2022年4月1日以降に申請、審査を受ける場合は、この新基準に適合した社内規程を策定し、その規程に基づいた運用が審査の対象となります。
(今までは指摘されなかったことが指摘事項になる場合があります)


新基準での変更点、追加点(全てではありません)
■内部向け個人情報保護方針、外部向け個人情報保護方針の
  一本化
(変更)
■自社の個人情報保護活動における課題の特定
(追加)
■自社の個人情報保護に関する利害関係者の特定と
  その要求事項の特定
(追加)
■個人情報保護リスクアセスメントの見直し
   (リスク所有者の特定など)
(追加)
■個人情報保護目的の設定と、その達成計画の策定、
  運用
(追加)
■力量管理
(追加)
■個人情報保護コミュニケーションの管理
(追加)
■個人データの提供に関する措置の、但し書きの追加など
 
(変更)
■個人関連情報の第三者提供の管理
(追加)
■仮名加工情報の取り扱い
(追加)
■第三者提供記録の開示への対応
(追加)

従来、JIS規格の付属書Aが基準だったため、内部規程の章立ては3章を中心に、A3.1〜A3.8に要求事項を規定していましたが、新基準では
「構築・運用指針」に基づいて運用するため、指針の章立てに合わせて、J1章〜J11章で規程を構成しています。

これらの内容を反映し、個人情報保護規程、運用手順書の全面改訂を行います。また、上記の運用要素の中で追加要素が多数あるため、従来なかった記録様式の追加も行います。


価格:33万円〜(現在弊社の様式をお使いのお客様限定)

■新審査基準改訂 審査後対応
審査後対応のみ

価格:27.5万円〜(現在弊社の様式をお使いのお客様限定)

JIPDECページ>>


他社様の様式をお使いの場合、
費用、詳細はお気軽にお問い合わせ下さい>>>

区切り線

ID・パスワード等の設定のルール変更

■パスワードの有効期限設定を削除
・パスワードの有効期限を設定している
・同一又は類似パスワードの再利用を制限している。

以上の2項目がなくなり、新たに以下の3項目が追加されました。

・パスワード設定変更をする場合には、類似パスワードの再利用を制限している。
・複数のサービスで同一のパスワードを使いまわさないことを求めている。
・漏洩した、又は漏洩する恐れのあるパスワードは速やかに変更することを求めている。

 

 

プライバシーマーク取得、ISO認証、各種お問い合わせ・ご相談

プライバシーマーク ISO 取得 コンサルティングのアズポート株式会社

<コンサルティング対象地域>
兵庫県/神戸市・阪神間 JR神戸線沿線姫路以東
大阪府/大阪市・府内全域  京都府南部(京都市及び以南) 滋賀 和歌山 奈良
<四国>徳島 愛媛 香川  <東海>愛知

上記以外の地域はご相談下さい(特定電子メール・営業メールの送信はお断りします)